良い睡眠を取る為の工夫とは何!?

良い睡眠を取る為の工夫

睡眠は人間にとってとても大事な事です。生きている上で人間の三大欲求の一つの睡眠は、一日六時は必要とされています。

 

睡眠時間は勿体ないと感じる人もいますが、睡眠を取る事で活動している時間のパフォーマンスが上がります。睡眠不足だと集中力の低下ややる気の低下に繋がります。

 

そして睡眠を取る時間よりも睡眠の質を上げる事が重要です。良い睡眠を取る事は自信で気を付ける事でより良い睡眠を取る事が出来ます。

 

一つは睡眠前のカフェインを摂取する事を止める事がポイントです。カフェインには眠気覚ましの効果がある為、寝る前のコーヒーは注意が必要です。

 

コーヒーの代わりに心を落ち着かせリラックス効果のあるホットミルクを飲んで寝る事がおすすめです。その他にも現在問題になっているスマホなどの液晶の見すぎには注意が必要です。

 

良い睡眠の為には寝る前の一時間前にはスマホなどの明るい液晶は見ない様に心がけましょう。目の周りを温めて寝る事も良い睡眠に繋がるので、自分で良い睡眠を取る努力をする事が肝要です。

 

入眠障害の原因は、夜中のテレビやパソコンにありました

 

最近、布団に入るとすぐ眠れるようになりました。朝の寝起きも良いです。
長年悩んでいた入眠障害の症状が、やわらいできているのを実感する毎日です。

 

私は小さい頃から、眠くなって布団に入ると、頭が興奮してきて寝付けないことがよくありました。仕事をするようになってからも、寝付きの悪い日は続き、仕事においても良い影響がないと考えて、対策を考えました。

 

いろいろ情報を集めると、「テレビやパソコンのブルーライトは脳を興奮させて寝付きを悪くする」とあったので、テレビ番組は録画して、パソコン作業は夜の8時に切り上げるようにしました。

 

同時に、夜は極力リラックスした生活をこころざしたのです。それに伴い徐々に入眠障害は改善され、今に至っています。その他にもいろいろ対策してきましたが、私にはブルーライト対策が一番効果がありました。なぜなら、対策した日と、しない日の差が全然違うからです。

 

今考えると、小さい頃から夜にテレビを見るのが好きだった私は、その影響で入眠障害になっていったのだと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です