不眠の悩みを分かってもらえるだけで良い!?

不眠の悩みを分かってもらえるだけで良いのです・・・。

朝早く起きなくてはいけないというのになかなか眠れないと泣きたくなります・・・。それも責任ある仕事で

寝不足状態ではいけないと思うと、ますます気持ちが焦ってしまいます。

 

寝られないというのは本当になんとも言えないつらさがありますよね・・・。

 

よく眠れる人に眠れない悩みを言っても分かってもらえないのもつらいところ。「どうして眠れないの?」

「布団に入って目をつむっていれば眠れるでしょ?」なんていわれることが多くて、やっぱり不眠の悩みは

不眠になったことがある人にしか言ってはいけないのだと、その度に思うのです。

 

不眠症になったことがある人なら寝られない悩みがどれほど苦しいか分かってもらえます。「苦しいよね・・・」「話しても分かってもらえないよね・・・」と言ってもらえるんです。たったそれだけの言葉でもなぜだか救われて、悩みを聞いてもらった日の夜はいつもより早く寝られることもあります。分かってもらえるだけでほっとするのです。

 

十分な睡眠を摂って、スッキリした気分で目覚める

 

早起きの楽しみの一つは、朝焼けを見ることができることです。
これは早起きの人たちの特権かもしれません。

 

たまたま私の部屋の窓は東向きにあるので、毎朝窓を開けて朝焼けを楽しんでいます。

 

天気の悪い日は空が明るくなるのも遅くなります。
朝の空の様子で、その日の天気がなんとなくわかるようになってきました。

 

朝、爽やかな気分で起きられるようになるためには、十分な睡眠が必要です。
私は今まで7時間半の睡眠でスケジュールを組んでいました。

 

しかし、数日経つと疲労が溜まってくるのがわかりました。
そこで睡眠時間をいろいろ変更してみて、ようやく8時間半で落ち着きました。

 

朝起きた時に、スッキリと目覚めることができる人、何となく疲れが残っているという日では、

朝から気分が違ってきます。

 

今までの私はいつも後者の方だったので、それが当たり前だと思っていました。
しかし、睡眠不足による疲労は、さまざまな病気のリスクが高まることを知り、睡眠の大切さを改めて感じました。

 

寝るときは考え事をしてはいけない

 

私は昔から、寝ようと思って布団に入ると、一日の出来事を思い出して反省したりしてしまいます。

 

失敗したらどうすれば良かったのかあれこれシュミレーションするのです。そうすると、眠れなくなります。考え事をしていて1~2時間眠りにつけないというのも日常茶飯事です。

 

翌朝は当たり前ですがとてもつらいです。頭がぼーっとしてとても集中できる状態ではなくなってしまいます。

 

そういう性分だから仕方がないのですが、眠れないと健康に悪いことも分かっているので、

極力布団に入ったら無心で寝るようにしています。でも、激しく落ち込んで悩んでいるときはなかなか難しいです。

 

そこで、気持ちを切り替えようとスマホでニュースを見たりするのですが、うっかり悲しい記事を読んだりするとますます眠れなくなるという悪循環に陥ってしまうこともあります。

 

そもそも寝る前にスマホを見ると良い睡眠がとれないと言われているのですから、もうスマホは布団に入ったら見ないことにしようと思います。そして、寝る前に限らず、普段からくよくよ悩んでしまう性格がいけないので、もっと精神的に強くなるようにしないといけないですね。

 

翌朝すっきり目覚めるという理想の睡眠がとれるようにがんばります。